TOEFLのライティングの勉強法

TOEFLのライティングの勉強方法の解説をしていきたいと思います。
まずライティングの点数の分配はどのようになっているのか?について書いていきたいと思います。
TOEFLではリーディング、スピーキング、ライティング、リスニングの4つのセクションの合計で受験者の英語能力を測定します。
アメリカで生まれたテストであることながら各セクションの点数の配点はすべて平等の各30点問題となっているのです。
ライティングのテストが他のセクションとどんな差異があるのかを説明するのならば、点数を決める判断材料が2つの作文だけしかないことが考えられます。
片方の作文をとても良くしてももう片方の作文があまり良くなければ結局点数がアップすることができなくなってしまうのでどちらもある程度の物に仕上げる必要があるのが最大のポイントだと考えられると思います。
複数のテスト採点者に採点をされひとつの作文を5点満点で評価をされます。
得た得点を平均してその点数を足します。
つまり10点満点となるわけです。
その合計値を30点満点に換算をされるので15点満点となるわけです。
2つの作文をしっかり把握することで点数を取ることができます。
2つの作文には種類があり、複合問題と独立問題があります。
複合問題はスピーキングを除く3つのセクションが絡められた問題と言っても過言ではありません。
独立問題に至っては自分自身のライティングの能力が試される部分なのでその力が劣っていると問題を解くことが出来ないでしょう。
2つの文をしっかりと把握することで勉強の対策をしっかりとできるようになるのです。
ネクタイを締める男性