TOEFLリスニング対策にはシャドーイングを利用する

TOEFLのリスニング対策第二弾です。
今ではTOEFLの勉強方法も沢山あり、どの勉強方法を試そうか迷ってしまう人も多くいます。
しかし情報が多いため間違った勉強方法をしてしまうケースも多くなってしまいます。
今回はTOEFLのリスニング対策にはシャドーイングが有効だということを説明したいと思います。
シャドーイングご存知では無い方がいるかもしれませんので簡単に説明をしたいと思います。
シャドーイングは「耳で聞いた音声を即座に口にだすこと」です。
元々シャドーイングは同時通訳をする人の養成をするための方法でしたが、最近ではリスニングの対策として使われるようになっています。
シャドーイングがなぜリスニング対策になるのかというと一部では新しい言葉を覚えるときに心の中で読む人の習性を活かしているみたいです。
その御蔭で脳を刺激することができるので鍛えることができるのですね。
しかしそんな万能薬なシャドーイングですが初心者にはオススメをすることが出来ないのが欠点です。
英語の発音をしっかりと出来る人、語彙にも自信がある人でなければシャドーイングを使いこなすことが出来ないのです。
ここまでざっと説明をしましたが、実際どのようにしてシャドーイングをすれば良いのでしょうか?
自分にできる範囲の英語を文字化することができるものであれば何でもいいです。
まずはそれを読んで記憶してみて、音声で聞いてシャドーイングを開始して下さい。
徐々に慣れることができるようになると思います。
これであなたもTOEFLのリーディング対策をすることができるのです。
世界